一人でアイコンになれなければチームでアイコン?!

by 小林 正寿
Comments are off for this post.

突然ですが、アイコンでご存知ですか?

パソコンなどでデスクトップに並ぶ様々なアイコンを思い浮かべることでしょう。

例えば、マイクロソフトワードならワードのアイコンがあります。ワードのアイコンを目にした人はそのアイコンをクリックすればワードが開くことを知っています。

つまり、様々なアイコンの中にワードのアイコンがあれば、それはワードを意味すると即座に認識できます。

これをビジネスに置き換えれば、あなたがリスト構築に関する商品を販売していれば、あなたの名前を目にすれば即座にリスト構築をイメージしていただくことがアイコン化と言えます。

その道の第一人者になることがアイコン化につながるわけです。

これ理想ですが、なかなか一人で特定分野のアイコンになることは難しいのが現実ですね。

では、アイコン化をあきらめるべきなのでしょうか?

ちょっと1つの事例をお話しさせてください。

先日テレビ番組で紹介されていた豚肉専門のレストランは3人のコラボで誕生したそうです。

養豚所を経営している人

精肉店を経営している人

レストランを経営している人

それぞれ関連する分野で活躍するプロ3人が協力することで他にはない魅力的な豚肉専門レストランを実現しているのです。

このコラボによって強固なアイコン化を実現しています。

もう1つ事例をお話ししましょう。

ピンでスターになれなくても大勢の女の子が1つのチームを組んで歌手として成功している事例は数多くありますね。

昔はキャンディーズなど3人程度のチームが多かったようですが、最近では何十人という大所帯で成功しているようです。

だから・・・

あなたが推進しているビジネスニッチにおいてまだアイコン、つまり第一人者になっていないなら、チームを組んでみるのも1つではないでしょうか?

お互いに補完・強化できる候補者を探してオファーしてまずは1つの商品からスタートするのが良いと思います。

これであなたもアイコンになることができるのでは?

Share this article