ポストコロナのビジネスシーン – ネットで注文をとりドライブスルーで納品?!

by 小林 正寿
Comments are off for this post.

先日新聞を読んでいたらイオングループがネット上で注文を受け付けて実際の納品はドライブスルーで行うという記事が掲載されていました。

このビジネスモデルはこれまでインターネットマーケティングを推進してきた人には簡単に行うことができますね。

インターネット上に商品を展示してペイパル決済で購入してもらい実際の納品は店舗の前で手渡しすることができます。

ここで重要ですが、ペイパル決済を採用することで代金を前払いでいただくことができます。リアルビジネスでは前払いという発想があまりありませんが、ネット上では広く浸透しています。

さらに、免責事項を掲載して同意をしてもらってから決済に進むようにすればトラブルを事前に回避することもできます。

大企業のようにドライブスルーを建設しなくてもあなたの店舗の表に出て手渡しすることができますね。

例えば、あなたがお弁当屋さんをやっているとします。ネット上に商品を展示したサイトを設置します。

写真やビデオで商品を展示し、注文プロセスに進むと食中毒などに関する注意事項などを掲載して同意してからペイパル決済へ進みます。

あなたはペイパルアカウントに入金される代金を地元の銀行などへ送金すれば翌営業日には現金として受け取ることができます。

お客様があなたのお店へお弁当を受け取りにきたとき、つり銭などを気にすることなくお弁当だけを手渡せば完了です。

勿論、これまで同様のビジネスモデルを止めるのではなくリアルとネットのハイブリッド型を採用すれば良いのです。

電子メールマーケティングを採用すれば集客を行うこともできます。雨の日には雨の日割引の連絡をすれば良いのです。

このビジネスモデルをあなたの街で商売をしている人に対して導入サポートをすればかなり有望な展望を期待することができますね。

まさにポストコロナは Web Innovation Group の時代となります。

Web Innovation Group?

今なら期間限定で Web Innovation Group 特別ご優待ディールが開催されています。あり得ない少額予算で有望なビジネスをノーリスクでスタートすることができるでしょう。

Share this article

Comments are closed.