テレワークが一気に加速する中で新たな兆候が芽生える?

by 小林 正寿
Comments are off for this post.

コロナでテレワークが一気に認知され普及しています。世界中で採用されているテレワークのプラットフォーム ZOOM はコロナ前に1000万ユーザーだったのがコロナ後は2億ユーザーへと爆発的に増えています。

これだけ見てもいかにテレワークが身近になったのか感じることができますね。

でも、新聞を読んでいたら”孤独感”という悩みも増えているそうです。

テレワークは基本的に双方向のコミュニケーションが基本であり誰かと繋がっているという感覚を持つことができるはずです。

では、なぜ孤独感を持つのでしょうか?

この孤独感という心の隙間を埋めることができれば新しいビジネスチャンスが見えてくるのではないでしょうか?

先日、テレビのニュースでオンライン飲み会を開いている様子をレポートしていました。これも1つの解決さくかもしれません。

勿論、ソーシャルネットワークなどを利用することで解決しようとする人もいるでしょう。このソーシャルネットワークですが、基本的に自分からの情報発信をする人たちの集まりということが言えると思います。

つまり、自分の情報や発言に対して聴くことに徹してくれるオーディエンスが少ないのではないでしょうか?

人は常に自分の言葉を聞いてくれる人を求めるものです。

自分がスタンドアウトしようとする人たちに囲まれていればきっと孤独を感じるのではないでしょうか?

わたしが考える1つの解決策は昔のようなフォーラムをプラットフォームとしてじっくりコミュニケーションを交わすことで孤独感を緩和することができるのではないでしょうか?

趣味などターゲットを絞り込んだフォーラムを運営することでビジネスへつなげることができるのではないでしょうか?

最近ではワードプレスのプラグインで簡単に誰でもフォーラムを運営することができます。

何もフォーラムだけではありませんが、テレワークをしている人たちの孤独感をいかに緩和するのかブレインストーミングすることで新しいビジネスヒントを思いつくことができるでしょう。

Share this article