無料レポート – WordPress ブログ安全対策5つの急所 今すぐダウンロード

by 小林 正寿
Comments are off for this post.

あなたは WordPress ブログを使ってウェブサイトを構築していますか?

わたしがはじめて WordPress を使い始めたのは2004年でした。WordPress がリリースされたのが2003年5月ですからまだまだ認知されていないプラットフォームでした。

日本では Movable TYPE というプラットフォームが全盛でした。わたしが WordPress を使っていると“なぜ、そんなマイナーなプラットフォームを使っているの?”と揶揄されたものでした。

WordPress も初期のころは、それほどハッキングなどの被害も多くありませんでしたが、広く世界中の人々が WordPress を採用するようになると比例してハッキングの被害が多くなってきました。

実際、わたしは WordPress でほぼすべてのウェブサイトを構築しているので悪意を持ったハッカーに攻撃されたときはほぼ全滅状態になり復旧に何か月もかかったことを覚えています。

その後は安全対策を厳重に行うことで二度とハッカーの被害を受けることはなくなりましたが、油断は大敵ですね。

ハッキング攻撃においても悪意を持ったものと愉快犯的なものがあります。床反的なハッキングは、単純にウェブサイトを乗っ取り自分のニックネームなどを表示させるだけですが、悪意を持ったものは深刻な事態に陥ります。

わたしは安全対策のためにログインを5回連続して失敗すると一定期間ログインをトライできなくなるプロテクションを施していました。

5回連続して失敗すると一定期間ロックするという電子メールがわたしに送られてくるのですが・・・

その数たるや何千通です。

ちょっと計算してみてください。5回連続失敗で2000通であれば10000回のログインが渡来されいることになります。

1つのドメインに対して何千通です。これロボットがやっているのですが、ブルートフォースアタックとして有名です。

あなたが技術者でなければ効果的な的を得た安全対策を実施するのは簡単なことではないでしょう。

ましてやハッカーは毎年毎年、進化を続けます。

正直、もう少し生産的なことに時間と労力を使ってくれると人類のためになるのですが・・・

だからこそ、このレポートを書いたのです。

あなたが技術者でなくても、あなたが初心者でもツボを押さえた安全対策を実施できるよう5つの急所をシェアしています。

すべて実証済みの鉄板安全対策だと言えます。

今すぐ、このレポートを読んであなたの安全対策を点検されることをお勧めします。

レポートを無料ダウンロードする!

Share this article

Comments are closed.